2014年10月17日

スローライフへの憧れと文化生活の矛盾

ぼくは、田舎住まい願望があって、DASH村とか大好きです。
いわゆるスローライフへの憧れです。
が、それと矛盾して、人の多いパチンコ好きです。
なんだか、矛盾してますよね。

でも、こういう矛盾って結構よくある感じがします。
人波に入るのは嫌いだけど、一人ぼっちだとさみしくなっちゃう、
自然に接したいたけど、不便なところに行くのは億劫だったり。

そんなことありませんか?

キャンプもいい例で、自然の中で、すごい文化的武装で過ごすことが一般的になっていますね。

外で何泊かするのに、文化的な製品を持ち込む必要はあまり無いんだけど、キヤンプ用品って何でも売っています。

それを否定をするわけではありません。

ぼくもキャンプ用品はいっぱい持っていますから。
キャンプに持っていくグッズは見ているだけで楽しいですからね。

どんどん道路は舗装され、今や砂利道は知床ですら少ないです。
子供の頃に連れていってもらった知床は山に入るとほとんどが砂利道でした。

でも、ほとんどの山道を舗装しちゃってから、知床の自然は世界遺産に登録されました。


人の生活って結構矛盾が多いですね。

どんどん車は増えて、自然が見たいと人が行くから自然は減ってしまう。
自然が危ないとみると、保護区にする。
でも、そこが見たいと来る観光客の増加を期待したりする。

こんな矛盾はこれまでも、これからもずっと続くような気がします。

posted by まな at 02:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。