2014年10月17日

大事なこと、大切なことは、結局は地道な努力を積み重ねるしかない

自分がいろいろな問題にぶつかり、あれやこれやと考えを巡らしていると、

自信のある人とはどんな人なのだろう?
自信のある人とない人との差とはなんなのだろう?
そんなことを考えることはありませんか?

自信があるということは、詰まるところ自分自身を信じられるということになります。

一般的には自信のある人はどんな時でも当たり前のように自分を信じられる人なんだと考えられているかも知れません。でも、そういう人は稀であって、我々のような凡人ができることは、自分を信じよう、信じたいという思いをもつことだと思いますし、そこから出発するしかないだろうということです。

自分が嫌いな人は自分を好きになろう、好きになりたいと心から思うこと。
自分が信じられないという人は自分を信じよう、信じたいと心から思うこと。
そして自信を持ちたいと思う人は、本気で自分に自信をもとうという思いをもつこと。

大事なこと、大切なことは、結局は地道な努力を積み重ねるしかないわけで、手っ取り早く上手くいく方法なんてありません。一見手っ取り早く手に出来たかのように思っても、それはやがて本物ではないんだという失望感に襲われるかも知れません。

自信をもつ、自分を好きになる、自分を信じられるようになる。

その第一歩は、そうなりたい、そうなろうと本気になること。

もしかしたらそれだけの違いなのかも知れません。

posted by まな at 18:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。