2014年10月18日

医療費、高いってば

ここのところ歯が痛くて、今日歯医者さんに行ってきました。

虫歯だと思っていったら、見た目は虫歯は見えないそうで、レントゲンを撮ると、以前の虫歯の治療の時にかぶせた物の下が虫歯になっているとのこと。

で、かぶせ物を取って、麻酔をして、虫歯の部分を取って、神経を取って、薬を入れてふたをするというところまでで今日の治療は終わりました。

この治療代、いくらだと思いますか?

4500円です、って言われて、おーっと1本で、まだかぶせ物の型を取ったりしていない時点でそんなにかかりますかー!という感じです。

4500円ということは、3割負担なので、今日の治療代は健康保険込みだと15000円・・・!

1本の虫歯を治すのに、このままいくと1万円越え(健康保険込みだと3万円!)はいきそうな感じです。

虫歯1本、1回の治療代4500円・・・これからかぶせ物の型を取ったり付けたりする前なのに、高くないですか?

歯は大事なので、なるべく抜かないで済むように治療していかなくちゃ、と思っていますが、
こんなに治療費が高いと、他の病院を掛け持ちで通っていると、結構つらいです。

そもそも、昔は被保険者は1割負担で、被保険者の家族は3割負担でした。

その頃と比べたら、治療費は3倍なので、高くなっているのは分かるけど、虫歯を1本治すのに、
総額3万円(健康保険込み)以上かかるのは取り過ぎじゃないでしょうか?

2つ、3つの病院を毎月行っていると、この虫歯の治療費はバカにならないです。

毎月、何万円も病院代に掛かるのは、健康保険に入っていても結構な負担になってしまいます。

治療費上限があるので、上限以上の支払いは戻るにしても、病院代の家計に占める負担は大きいです。

健康が何よりとは言うものの、風邪をひいたり、怪我をしたり、虫歯になったり、健康診断でひっかかったりで、1年間通じて、病院に全く通っていないかたのほうが少ないのではないでしょうか?

これから、消費税も上がることが予想されているので、家計への負担のしわ寄せは、病院代以外でも
増えていきそうです。

増税の前に、雇用や景気が良くならないと税金を払えなくなっていきますよ。

ただでさえ、年金支給年齢の60歳から65歳の引き上げが、どれだけ影響が大きいことか!

年金支給年齢の60歳から65歳の引き上げは、社会保険庁をはじめとした、政治家や官僚が無茶苦茶な

無駄遣いをしてきたことの付けを国民に押し付けたこと以外の何物でもないです。

この10年の中で、治療費負担を上げる、年金支給年齢を上げる、消費税を上げる予定で、問題ありすぎです。

posted by まな at 23:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。